正月前に 何故?

運営統括グループの岩田です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

私事なんですが、押しせまった大晦日に風邪を引いてしまいました。

おそらく、ここ7~8年ぐらいは風邪を引いた記憶がありません。

発熱はなく、少し咳が出たりしましたが、喉の痛みの方が問題でした。

食欲はなくなり、何を食べてもおいしいと感じられません。

大袈裟に言うと『健康を無くすと、全てを失う』

なーんて思ってました。

 

昨年11月以降、例年以上の寒暖差と気圧の変化が激しく、一日の温度差や週の温度差も著しくなって、

自律神経のバランスが乱れて免疫力が低下して、風邪を引きやすくなるんだそうです。

外出時には厚着をしたり、マスクをつけたりして予防をしていますが、

風邪のウイルスは喉からやってきます。菌が体内に侵入しないように、うがいで喉を守る事も定番の予防法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のうがいよりも効果的なのは、抗ウイルス効果と抗細菌効果のあるカテキンをたっぷり含んだ緑茶でうがいをして見て下さい。

その際、緑茶は吐き出さずに飲み込んで下さい。うがいでは届かない咽頭についたウイルスを胃に流し込むことができ、胃酸でウイルスや細菌が死滅します。

 

うがい薬は刺激が強いので、すでにのどが赤く腫れている時に使うと、炎症を起こしやすくなります。

 

それでは