ビジネスホテルの選びどころ 「青森センターホテル」の魅力

タグ:
 執筆者紹介
阪井

阪井 進之助 (この執筆者の記事一覧)

1975年生まれ。愛知県尾張旭市出身。
運輸業の営業兼ドライバーからアミューズメント事業の財務職種へ転身。
介護事業相談員を経て、2008 年にアットイン業務管理チーム入社。
会計・税務に精通し、併せて労務・人事部門のマネジメントを兼務。
2015年6月よりアットイン取締役に就任。2016年6月よりみらいホールディングス取締役兼任。
ホテル事業責任者として企業成長を促進する。

この執筆者のプロフィール

こんにちは。役員の阪井です。

 

 

ある日の帰宅中、電車の中で某ビジネスホテルが視界に入り、ふと考えました。

 

「本当にいいホテルとはなんだろうか・・・?」

 

名古屋駅前開発が進む中、同様にホテルの建設ラッシュも始まります。

shinbashi100020029_tp_v1

 

アットインがビジネスホテル運営を始めて間もなく2年。出張の多いビジネスマンはビジネスホテルを当然のように利用します。

宿泊先の決め方は立地、価格、サービス力、魅力的なプラン等々。

 

更には設備や備品、アメニティ、その他サービスが各ホテルの価値であり、評価基準です。

191138236_624

 

 

「青森センターホテルの魅力を考えてみる」

※青森センターホテル公式HPはこちらから

 

①温泉が入りたい放題 ~青森まちなかおんせん~

天然温泉が併設されているビジネスホテルで、ホテルご宿泊者は営業時間内であれば温泉に入りたい放題!

もちろん温泉施設ですので入浴だけでもご利用いただけます。(入浴だけの方は別途入浴料が発生します)

 

5

 

②いつの間にかWiFi完備

ビジネスホテルの位置づけですので、初年にWiFiを完備しました!

ビジネスマンにとって今や必須となった重要な設備。LANケーブルが懐かく感じます。

(安心してください、有線もございます)

imagesyasumura

 

 

③1Fには飲食店など起業家支援専門のテナントスペース

「どさゆさ」…居酒屋

「あん摩」… マッサージ

「茶々」…喫茶店

「美宝」…デイサービス

様々な業種が併設する「パサージュ」広場。

起業家支援、弊社運営のシェアハウス「ドリーシェ」とコンセプトが一致。

阪井の胸が熱くなります。

 

※ドリーシェ情報はこちらから

 

gal03

 

④宴会場完備

最大30名様まで収容可能な宴会場。

そのまま宿泊できる、酒飲みにはたまらないプランもあります。

pict14elelmiszer-hu-koccintas

⑤ふるかわ亭 定食多数

朝食はバイキング方式です。

bf001

昼夜は券売機で購入するタイプのレストラン。丼ものがお薦めですが、女性にはパスタなどご用意しています。

ですが、定食の細分化が目立つ。しかし!間もなくメニュー刷新します!

img_1235

 

⑥温泉ロビーに自販機多数

通常の自販機からアイスクリームまで多種多様。

お子様向けのガチャガチャまで。

※併設レストラン「ふるかわ亭」はソフトクリーム販売を行っています。アイスより美味しいです。本当です。

img_1232img_1233

 

⑦迷宮

そう、青森センターホテルは何と言っても「迷宮」が売りの一つ。

入り口が四方にあり、1Fはどの方角をみているのかわからなくなるほどの初見殺し。

慣れると自由に使い分けできるものですが・・・(阪井はもちろん完璧です)

floor_v4

 

青森まちなかおんせん イベント情報

来る11月8日(火)、感謝祭を開催します!

当日入浴された方先着1,000名を対象にくじ抽選で景品を贈呈いたします。

※景品は商品券、Quoカードなどを取り揃え。当日のお楽しみです

red-christmas-present

 

 

 

 

 

今回は「ホテルの良さ」とは何かを並べてみましたが「お客様に気持ち過ごしていただくこと」が根幹にあって成立すると改めて理解できました。

1449389463093

設備が充実していても、スタッフにその『想い』がなければ気持ちよくお過ごしいただけません。

自宅に家族を残す、不慣れな他県にいらっしゃる、など様々な理由でお越しいただくわけですから。

自宅にいるような「おもてなしの心」「親身な対応」

そして「お帰りなさい」「いってらっしゃいませ」と自然にお声がけできる、そんなホテルを社員一同目指しています。

pict4

※弊社自慢のスタッフたち

 

 

枕が変わると寝られない

 

makura

そう、私はこと眠りに関して枕の影響を多大に受けます。

出張時には各ホテル枕のラインナップが異なるため、致し方なく、本当に致し方なくお酒の力を借りて寝ます。

が、最近は途中で目が覚めてしまうようになってしまいました。

nemure

 

 

~そんな翌日のある日の朝~

阪 井:「おはよう」

社員A:「おはようございます!・・・あれ?なんか顔疲れていませんか?」

阪 井:「そんなことないよ。いつも通り元気さ!」

社員A:「そうですか・・・?目の下あきらかにクマが出ていますけど・・・」

阪 井:「え・・・?」

社員B:「まさか・・・まさかの夜遊びですか!?顔もむくんで・・・やりますねぇ~!」

阪 井:「・・・(枕が変わると眠れないだけでこのいわれよう)違うよ、枕がkw」

かぶせ気味社員A:「いや~、やっぱり!お前よく触れられるな!」

丸かぶせ 社員B:「それしかないじゃない!ここは触れておかないと!だってお前あの歳だったらゴニョゴニョ…」

阪 井:「・・・じゃ、またあとで(面倒くさい)」

皆  :「お疲れ様です!!!」

阪 井:「・・・・・・」

 

 

My枕、持ち運びできたらどんなにいいか。

nemurenai

小さくできる商品出たらいいのに。私買うよ。

 

 

Sakai