ページトップ

アットインは安心のコミコミ価格

アットインは安心価格。別途費用が掛かりません。

アットインは安心価格。別途費用が掛かりません!

ウィークリーマンションやマンスリーマンションの料金形態は

保証料 水道光熱費 保険料 契約手数料 ルームクリーニング料金 寝具レンタル料金

等が利用料(賃料)の他に掛かることが業界標準となっており、利用されるお客様にからは

結局のところ、総額は幾らになるの? 賃料が安いと思ったから契約したのに、結局支払総額は高くなってしまった...

といったお声を聞くことがよくありました。

アットインは、お客様に分かりやすい価格表示を行うために税込価格表記を行っています。

消費税が8%に切り替わると同時に解禁された消費税別価格表記ですが、お見積りをさせて頂くたびに感じていました。

消費税が別途かかると、総額は思ってたよりも高くなったように感じるな…

アットインはお客様に正直な対応をさせていただくことを約束しています。

そのため、価格表記も分かりやすい納得できる表記にしよう!と決め、消費税込み価格表記を行わせて頂いております。

アットインはお客様に分かりやすい、安心できる価格の提示を行うことを約束します!

実際に1ヵ月間利用した際の料金比較をしてみました。

賃料はアットインよりも安く掲載している場合でも、結果的に色々な所で費用が発生して高くなってしまっていることが分かります。

アットインの価格サンプル A社の価格サンプル B社の価格サンプル C社の価格サンプル
※1ヵ月を31日間として試算。部屋により賃料やルームクリーニング料は変動します。
アットインの水道光熱費は月間12,000円までを含んでおり、それを越えた際には差額負担をお願いしております。

このように他社と比較してもアットインは安心の価格設定となっています。

浮いたお金でハイクオリティオプションを追加するも良し、毎日の食事をグレードアップするも良し。

充実した毎日をくつろぎながらお楽しみください。

アットインは、充実の設備・備品を取り揃えています。

ホテルと比べてプライベートな空間を確保できるウィークリー・マンスリーですが、その分備品や設備は充実さを求めたいところですね。

家具や家電からはじまり、キッチン用品や寝具、各種消耗品、皿やマグカップといった小物までを標準装備としています。

特に1週間以上のご利用となれば、バス用品等は必須アイテムですね。

アットインでは長期のご利用でも不便さを感じることのないよう、身一つで入居した場合でも快適な生活をお送り頂けるように充実の設備・備品でお待ちしています。

生活家電

インテリア・ファニチャ

キッチン雑貨

バス・トイレ用品

消耗品・雑貨小物・その他

その他にも、さらなる快適さや充実のプライベートを満喫いただけるよう、オプションとして様々な家具・家電・お役立ちアイテムを取り揃えています。

キャンペーン・特集一覧
クレジットカード決済対応
VISA、Master、JCB、AMEXなど各種クレジット決済に対応しています。VISA、Master、JCB、AMEXなど各種クレジット決済に対応しています。