2020/06/17

ビジネスホテルの相場はいくら?マンスリーマンションとの比較も

ビジネスホテルの相場はいくら?マンスリーマンションとの比較も

ビジネスホテルの相場はいくら?マンスリーマンションとの比較も

出張などの長期滞在でビジネスホテルを利用する場合、費用が安く済むビジネスホテルを選ぶ人も多いでしょう。ビジネスホテルの相場は地域ごとで変化するため、あらかじめ把握することが重要です。

そこで今回は、ビジネスホテルの相場を地域別にご紹介します。また、ビジネスホテルとマンスリーマンションのどちらを利用した方がお得になるか、2つの違いについても解説します。

ビジネスホテルとマンスリーマンション、どちらを利用すべきか悩んでいる人は、参考にしてください。

1.ビジネスホテルの値段はどうやって決まる?

ビジネスホテルの値段は、安いものから高いものまでさまざまです。値段がバラバラになる背景には、しっかりと理由が存在しています。

ビジネスホテルの値段を決める要素は、以下の5つです。

◯固定費や変動費などの原価

ビジネスホテルの値段は、従業員の人件費をはじめとする固定費や、アメニティなどの変動費を合算して算出される原価を上回るよう設定されています。

◯客室の種類

部屋が広かったり、眺望が良かったりするタイプの客室では、値段を高めに設定するビジネスホテルがほとんどです。

◯競合となるビジネスホテルの平均価格

多くのビジネスホテルは、お客様に違和感を持たれないよう、その地域で競合となるビジネスホテルの平均価格に合わせて料金設定をしています。

◯繁忙期か否か

ビジネスマン向けのビジネスホテルは平日が繁忙期であるため、平日よりも休日の方が値段が安くなる傾向にあります。一方、旅行者が多く泊まるビジネスホテルについては、繁忙期が逆転し、休日よりも平日の方が安く宿泊できます。

◯連泊か否か

閑散期の稼働率を高める連泊は、ビジネスホテルにとってもありがたいお客様です。そのため、ビジネスホテルの多くは、2連泊以上で1泊あたりの客室料金が安くなる「連泊プラン」を用意しています。

ビジネスホテルの値段は、上記の要素から決められることがほとんどです。

2.ビジネスホテルの費用相場を地域別に紹介

ビジネスホテルの費用相場は、地域によっても大きく前後します。東京や大阪といった都市部においても、費用相場はバラバラです。

ここでは、ビジネスマンが出張で訪れることが多い、東京・福岡・大阪・名古屋の4つの都市における、ビジネスホテルの費用相場を解説します。今後、この4つの都市を訪れる予定がある人は、参考にしてください。

2-1.東京

東京におけるビジネスホテルの費用相場は、7,000~12,000円前後です。近年、東京都内には多くの外国人観光客が訪れるようになっています。そのため、ホテルの需要が伸び、値段も高騰している状態です。

東京のホテルは稼働率が高く、部屋を探す段階で苦労するケースもあるでしょう。早い段階で予約をすることが重要です。

東京のビジネスホテルでは、金曜日・土曜日の料金が特に高くなります。金曜日・土曜日は1泊1万円を超えるケースも珍しくないため、料金をしっかりと確認しましょう。

2-2.福岡

福岡におけるビジネスホテルの費用相場は、3,000~7,000円前後です。値段が安いビジネスホテルも多く、コストパフォーマンスに優れています。

福岡は人気の観光地であるため、ビジネスホテルが観光客で満員になることも少なくありません。福岡への出張が決まったときは、できるだけ早くビジネスホテルを検索し、予約を入れておきましょう。

2-3.大阪

大阪におけるビジネスホテルの費用相場は、5,000~9,000円前後です。東京と比べると安いものの、大阪も観光需要が高まっています。
ホテルが足りないという声も多くあるため、値段は今後上昇すると考えられます。

都市の規模に対するビジネスホテルの値段設定は、東京や名古屋と比較しても良心的と言えるでしょう。

2-4.名古屋

名古屋におけるビジネスホテルの費用相場は、5,000~10,000円前後です。名古屋にあるビジネスホテルは、値段が高くなるケースも少なくありません。
しかし、値段設定の幅が広いため、安いビジネスホテルを探して宿泊することも可能です。また、連泊プランや素泊まりプランなどの宿泊プランを利用すれば、よりお得に宿泊することができます。

名古屋は、喫茶店のモーニングがお得なことで有名です。そのため、名古屋に宿泊する場合は、喫茶店のモーニングを利用することがおすすめとなります。もちろん、ホテルで朝食を食べることも選択肢の1つです。

3.【比較】ビジネスホテルとマンスリーマンションの違い

出張などで1ヶ月以上の長期滞在をする場合、ビジネスホテルではなく、マンスリーマンションを利用する人も多くいます。マンスリーマンションの利用を検討しながらも、 ビジネスホテルとの違いがわからず、身近に感じられるビジネスホテルを選択するケースも少なくありません。

ビジネスホテルとマンスリーマンションの主な違いは、以下の通りです。

  • 部屋の設備
  • 宿泊費

◯部屋の設備

ビジネスホテルの客室において、キッチンや洗濯機など日常生活を送る上で必要な設備は、用意されていません。そのため、長期滞在となると生活費がかさんでしまいます。
一方、マンスリーマンションには、無料で使うことができるキッチンや洗濯機、掃除機などが用意されています。日常生活と変わらない生活ができるため、無駄な費用も発生しません。

◯宿泊費

ビジネスホテルとマンスリーマンションでは、宿泊費が異なります。ビジネスホテルに1ヶ月滞在する場合、宿泊費用の相場は約22万円前後です。
一方、マンスリーマンションに1ヶ月滞在する場合は、クリーニング代などを含めて、19万円前後の利用料金で宿泊が可能です。

ビジネスホテルに滞在する場合、宿泊費に加えて、外食代やランドリー代などの費用が余計にかかってしまいます。そのため、マンスリーマンションに宿泊する場合と比べて、さらに費用がかかるケースも少なくありません。

長期滞在にかかる費用を少なく済ませたい人は、ビジネスホテルではなく、マンスリーマンションを選ぶようにしましょう。

4.名古屋に宿泊するときはアットインで物件を探そう

名古屋エリアで1ヶ月程度の滞在予定がある人は、アットインでマンスリーマンション物件を検索しましょう。アットインの特徴としては、以下の3つが挙げられます。

◯生活に必要なアイテムが揃っている

アットインのマンスリーマンションには、冷蔵庫や電子レンジといった家具家電から、ティッシュペーパーなどの消耗品まで、生活に必要なアイテムが用意されています。

◯生活をより一層快適にできるアイテムをレンタルできる

アットインのマンスリーマンションでは、電動自転車や掃除ロボットなど、生活をより一層快適にできるアイテムのレンタルオプションが利用できます。

◯ルームクリーニングなどのサービスオプションが充実している

アットインのマンスリーマンションは、リネン交換やエアコンクリーニングなどのサービスオプションが充実しています。

アットインのマンスリーマンションは、カバン1つで入居可能です。出張先でも自宅のように快適な生活をしたい人や、持ち運ぶ荷物を最低限に済ませたい人は、アットインで物件を探しましょう。

まとめ

ここまで、ビジネスホテルの相場と、マンスリーマンションとの比較について解説しました。

ビジネスホテルの費用相場は、地域によって大きく異なります。なかでも、名古屋のビジネスホテルは宿泊料金を高く設定していることが多く、長期滞在に向いていません。

名古屋で1ヶ月程度の長期滞在をする場合、リーズナブルな料金で宿泊できるマンスリーマンションがおすすめです。アットインを利用して、自分に合う条件のマンスリーマンションを探し、長期滞在を快適なものにしてください。

人気の記事

    まだデータがありません。