2020/09/15

ホテル住まいの料金は高い?住むメリット・デメリットも

ホテル住まいの料金は高い?住むメリット・デメリットも

ホテル住まいの料金は高い?住むメリット・デメリットも

ホテル住まいの料金は高い?住むメリット・デメリットも

旅先や出張先で数週間、数ヶ月の滞在となる場合、まずは滞在先を探す必要があります。
滞在先として一番に考えられる施設は、ホテルです。しかし、ホテル住まいの料金や住みやすさをイメージできず、躊躇っている人もいるでしょう。

当記事では、名古屋でホテル住まいをする場合の費用相場や、ホテル住まいのメリット・デメリットを解説します。
また、出張などの滞在先に適したマンスリーマンションについても紹介するため、名古屋で短期間の滞在先を探している人や、ホテル住まいについて知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.名古屋でホテル住まいをするときの費用相場は?

ホテル住まいとは、長期間ホテルに滞在して生活することを指します。
ホテルによって受けられるサービスは異なりますが、滞在中はホテル内のジムやプール、朝食、ランドリーサービスなどを利用することができます。

ホテル住まいをする場合、やはり費用面が気になるという人も多いでしょう。まずは、ホテル住まいをするときの費用相場を解説します。

宿泊費は、単純計算でホテル宿泊代×日数で算出することが可能です。

名古屋におけるホテルの相場は約8,000円です。例えば、1ヶ月宿泊する場合は、8,000円×30日で約240,000円となります。

ホテル住まいをする場合、宿泊費の他にも食費やクリーニング・ランドリー代などの生活費が発生します。

基本的に食費は外食となるため、1日約2,000円で計算した場合、1ヶ月で約60,000円となります。
また、コインランドリーを利用する場合、1回500円で3日に1回程度利用すると仮定した場合、1ヶ月で約5,000円となります。クリーニングの場合は、基本的にコインランドリーよりも割高となるため、費用はさらにかかってくるでしょう。

上記で挙げた金額を足すと、名古屋でホテル住まいを1ヶ月する場合に必要な金額は、下記のとおりです。

240,000円+60,000円+5,000円=305,000円

他にも、滞在に必要なシャンプーや洗顔料などの生活用品といった細かい費用を乗せると、さらにホテル住まいに必要な費用は上がります。

ただし、選択するホテルやプランによって必要な費用は異なります。ホテルによっては、バスアメニティや朝食付きのプランを無料で利用できます。また、割引プランがあるホテルもあるため、ホテルに長期滞在する場合は、宿泊費に加えて割引プランの有無もチェックしておきましょう。

2.ホテル住まいをするメリット・デメリット

実際にホテル住まいを検討している場合、メリットだけではなくデメリットについても確認しておかなければなりません。

ここでは、ホテル住まいのメリット・デメリットをそれぞれ3つずつ紹介します。旅行や出張などでホテル住まいを検討している人は、ぜひ確認してください。

2-1.メリット

ホテル住まいをするメリットには、以下の3つがあります。

◯家事をする必要がない

ホテル住まいの一番のメリットは、家事をする必要がないことです。
掃除・洗濯・食事作りなどの家事は、一日の多くの時間を割かなければなりません。しかし、ホテル住まいの場合、家事に充てる時間を削減することができます。

ただし、掃除はホテルの清掃員が作業してくれますが、洗濯については自分でやる必要があります。

◯初期費用が発生しない

マンションやアパートで生活する場合、敷金・礼金などの初期費用を支払いますが、ホテル住まいの場合、初期費用は発生しません。
短期滞在の場合は、マンションを契約するよりもホテルに滞在したほうがコストを削減できるケースもあるでしょう。

◯好きな場所で生活ができる

好きな場所で生活ができる点も、ホテル住まいのメリットといえます。

ホテルは日本全国にさまざまなタイプがあり、自分の好きな立地や部屋を選んで滞在することが可能です。
また、極端な例ですが、ホテルは1泊ごとに滞在先を変えることができるため、気分によって宿泊先のホテルや利用するプランを変更することもできます。

2-2.デメリット

ホテル住まいをするデメリットには、以下の3つがあります。

◯食事が偏る

前述したように、ホテル住まいは基本的に外食となります。3食全て外食となると、意識的に食事を選ばない限り健康的な食事を摂ることは難しいでしょう。

サプリメントなどの健康食品で足りない栄養を補うこともできますが、相当意識をしないと健康的な食事を摂ることはできません。

◯住所として認められない可能性がある

マンションやアパートは住所として認められますが、ホテルは住所として認められない可能性があります。
長期的にホテル住まいをする場合は、事前に住所や郵便物の受け取りについて聞いておきましょう。

◯費用が高くなる

前述したように、ホテル住まいをする場合、滞在費とは別に食費やクリーニング代、日用雑貨代も必要となるため、総合的に費用が高くなります。

滞在費以外の費用についても考慮し、滞在するホテルを選ぶようにしましょう。

3.ホテルより​マンスリーマンションがおすすめの理由

少しでも安く滞在したいのであれば、ホテルではなくマンスリーマンションを利用すると良いでしょう。マンスリーマンションはホテルとは異なり、ひと月ごとの契約となりますが、ホテル住まいにはない面を持ち合わせています。

マンスリーマンションがおすすめの理由としては、以下の2つが挙げられます。

●家具や家電が揃っている

マンスリーマンションには生活に必要な家電が揃っており、自炊することができるため、バランスよく食事を摂ることが可能です。

また、生活に必要な家具も初めから用意されているため、自分で何かを揃える必要はありません。トランク一つで滞在を始めることが可能です。

●短期で住む場合に向いている

マンスリーマンションは、ホテルより割安な料金体系となっています。ホテルの場合、1日ごとに料金が加算されるため、長く滞在する場合は料金が割高になってしまいます。
一方で、マンスリーマンションは、1ヶ月以上半年未満など短期的に住む場合に適した料金体系となっており、ホテルと比べてお得に住むことが可能です。

また、マンスリーマンションには敷金・礼金などの初期費用もないため、短期間だけ滞在するのであれば、ホテルよりもマンスリーマンションのほうがおすすめといえます。

なお、1ヶ月以下の滞在の場合は、週単位で部屋を借りられるウィークリーマンションがおすすめです。

4.名古屋のマンスリーマンションはアットインで探そう

名古屋で自分の生活スタイルに合ったマンスリーマンションを探すなら、金額や場所、備品設備など詳細な条件で絞り込んで探すことができる「アットイン」がおすすめです。

アットインには多数の物件が登録されているため、希望条件に合った物件を見つけることができます。また、アットインは設備が豊富であるため、こだわりたいポイントを絞って探すことも可能です。

名古屋でマンスリーマンションを探す際は、アットインの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ホテル住まいは家事をする必要がないうえ、初期費用が発生しないなど、さまざまなメリットがあります。
しかし実際には、3食全て外食となるため栄養が偏ったり、クリーニング代により費用がかかったりと、デメリットもいくつかあります。

マンスリーマンションであれば、必要な家具・家電が備えられており、敷金や礼金も用意する必要がないため、費用を抑えることが可能です。

アットインでは、希望の条件に絞って物件を探すことができます。名古屋でマンスリーマンションを探す際は、ぜひアットインを利用してみてはいかがでしょうか。

人気の記事

    まだデータがありません。