2020/07/21

マンスリーマンションのメリットとは?向いている人の特徴も解説

マンスリーマンションのメリットとは?向いている人の特徴も解説

マンスリーマンションのメリットとは?向いている人の特徴も解説

マンスリーマンションのメリットとは?向いている人の特徴も解説

マンスリーマンションは、出張の多いビジネスマンを中心に、年々需要が高まっています。
これまで「短期出張先の宿」というと「ビジネスホテル」が主流でしたが、近年はプライベートスペースがより確保できるマンスリーマンションが人気です。

マンスリーマンションには、ビジネスホテルや賃貸マンションとは異なるメリットが多くあります。
しかし、利用方法によってはデメリットが大きくなる可能性があります。
そのため、まずはマンスリーマンションが自分の利用方法に適切かどうかを把握しなければなりません。

そこで今回は、マンスリーマンションのメリットや、向いている人の特徴について解説します。

1.マンスリーマンションはメリットが豊富

マンスリーマンションとは、1ヶ月以上の月単位で期間を決めて契約するマンションのことです。
長期出張時の滞在先や、一時的な居住先として利用する人が多く、さまざまなメリットがあります。

しかし、出張の滞在先や一時的な居住先には、マンスリーマンションだけでなくビジネスホテルや賃貸マンションなど、ほかにも選択肢があります。

そこでまずは、ビジネスホテルと賃貸マンションと比較した場合のメリットとデメリットについて簡単に紹介します。

1-1.ビジネスホテルと比較した場合のメリット

まずは、マンスリーマンションとビジネスホテルの基本情報を比較した表を、下記に紹介します。

マンスリーマンション
入居までの流れ ①Webで問い合わせ
②申込書の郵送
③入居費用一括支払い
主な家具・設備 家具・家電あり
キッチンスペースあり(炊事可能)
洗濯機あり(洗濯可能)
費用相場 10万~15万円/月
※光熱費込み
ビジネスホテル
入居までの流れ ①Webもしくは電話で予約
主な家具・設備 家具・家電あり
キッチンスペースなし(炊事不可)
洗濯機なし(洗濯不可)
費用相場 5,000~1万円/日
20万円/月
※光熱費込み

マンスリーマンションとビジネスホテルを比較した場合、マンスリーマンションのみが持つメリットには、下記の3つがあります。

①長期滞在の場合は費用が安い

ビジネスホテルは、曜日ごとに金額が定められており、宿泊すればするほど定められた金額が加算されます。そのため、1ヶ月など長期滞在の場合は費用が高くなる傾向です。

一方で、マンスリーマンションは、長く滞在するほど費用が安くなる傾向にあります。
そのため、出張などで長期滞在することが分かっている場合は、ビジネスホテルを利用するよりも費用を安く抑えることが可能です。

②希望の間取りや部屋を自由に選ぶことができる

ビジネスホテルは、基本的に1Kの間取りが多くなっています。
一方で、マンスリーマンションは1K~1LDKなどさまざまな広さや間取りの部屋が存在しており、過ごし方や自分の好みに合わせて物件を選ぶことができます。

③自宅のようにくつろぐことができる

ビジネスホテルは、清掃員などが掃除をしてくれる反面、自宅と同じようにくつろぐことはできません。さらにキッチンスペースや洗濯機もなく、炊事や洗濯ができない点もデメリットです。
一方で、清掃員に掃除されることなく、キッチンスペースや洗濯機も備えられているマンスリーマンションであれば、自宅と同じように生活でき、自分のペースでくつろぐことが可能です。

上記を踏まえ、費用を抑えたい人やプライベートスペースを重視する人は、ビジネスホテルではなくマンスリーマンションをおすすめします。

1-2.賃貸マンションと比較した場合のメリット

数ヶ月に及ぶ出張などの場合、賃貸マンションを借りるべきか迷うこともあるでしょう。
結論として、1年未満の滞在の場合はマンスリーマンションを契約した方がお得です。

では、マンスリーマンションと賃貸マンションの基本情報を比較した表を、下記に紹介します。

マンスリーマンション
入居までの流れ ①Webで問い合わせ
②申込書の郵送
③入居費用の一括支払い
主な家具・設備 家具・家電あり
キッチンスペースあり(炊事可能)
洗濯機あり(洗濯可能)
費用相場 10万~15万円/月
※光熱費込み
賃貸マンション
入居までの流れ ①不動産屋さんに相談・物件見学
②店舗にて申込・契約
③初期費用の支払い
主な家具・設備 家具・家電なし
キッチンスペースあり(炊事可能)
洗濯機なし(洗濯可能)
費用相場 8万円/月
※光熱費別

賃貸マンションと比較した際のマンスリーマンションのメリットには、下記の2つがあります。

①家具・家電が揃っている

賃貸マンションの場合、家具・家電は備え付けられていません。
冷蔵庫や洗濯機、テレビなど生活に欠かせない大型家具・家電はもちろん、その他細かな家具まで自ら購入して揃える必要があります。
一方で、マンスリーマンションは家具家電付きであるため、最低限の荷物だけで引っ越すことが可能です。
キッチンには調理器具だけではなく電子レンジや電気ポットも用意されており、洗面台にはドライヤーや歯ブラシなども常設されていることが多くなっています。

②初期費用が安く済む

賃貸マンションの場合、通常は敷金・礼金に加え、仲介手数料などが発生します。
さらに前述したように、家具・家電の購入費も必要です。
一方で、マンスリーマンションは敷金礼金・仲介手数料が一切不要で家具・家電も備えられているため、初期費用を大幅に抑えられます。

また、賃貸マンションは2年以内の短期解約の場合、家賃1ヶ月分などの違約金を支払わなければならないケースもあります。
上記を踏まえ、1年未満の長期滞在であれば、マンスリーマンションの方がお得だと言えるでしょう。

1-3.マンスリーマンションにデメリットはある?

契約後のトラブルを防ぐために、マンスリーマンションのデメリットも知っておかなければなりません。
ここでは、マンスリーマンションのデメリットを、トラブルを避けるための改善方法とともに説明します。

●内見ができない

賃貸マンションと違って、一般的にマンスリーマンションは内見ができません。
そのため、部屋の状態や間取りをあらかじめチェックできないことがほとんどです。

しかし、内見しなくても部屋の状態が分かるように、Webサイト上では各部屋それぞれの写真が掲載されています。
部屋に置いてある備品や設備の記載と写真を見れば、部屋のイメージを掴むことができるでしょう。

●入居費用が一括前払いとなる

マンスリーマンションはビジネスホテルや賃貸マンションに比べ、トータルコストがお得になりやすいことが特徴です。
しかし、マンスリーマンションは入居期間分の費用を契約時にすべて前払いしなければなりません。

知らずに契約を進め、生活に必要だったまとまったお金を失ってしまわないためにも、契約時に支払うべき費用やシステムについては、早い段階で確認しておきましょう

2.マンスリーマンションが向いている人の特徴とは?

マンスリーマンションが向いている人の特徴は、下記のとおりです。

  • 海外から一時帰国する人
  • 家族が生活する家が別にあり、単身赴任で家を探している人
  • 1ヶ月~1年未満の出張予定がある人
  • 持ち家のリフォームや建て替えで仮住まいを探している人
  • 入院している人の付き添いで、病院の近くの住まいを探している人

中期~長期滞在の人は、特にマンスリーマンションが向いています

単身赴任で出費を抑えたいと考えている人も、初期費用がかからないマンスリーマンションがおすすめです。
食費を抑えるために自炊をしたいと考えている場合も、キッチンで自由に料理を作ることができるマンスリーマンションを借りた方が良いでしょう。

一方で、数日~1ヶ月未満の滞在の場合、ビジネスホテルを利用した方が費用が安いケースもあります。
2年以上滞在する予定がある人も、場合によっては賃貸住宅を契約した方がお得です。
ただし、賃貸マンションを契約する場合は自分で家具家電を準備する必要があります。
インターネットや電気・ガス・水道など光熱費の契約も自分でしなければなりません。
また、光熱費の支払いが月々に発生することも念頭に入れておきましょう。

マンスリーマンションは、基本的に光熱費の支払いが固定費用に含まれているため、月々の出費に変動がありません。
また、マンスリーマンションは契約がインターネットや電話だけで完結するため、「物件を見て回る余裕がない人」や「すぐに契約をして住み始めたい人」にも向いています。

3.名古屋のマンスリーマンションはアットインで探そう!

マンスリーマンションを借りようと思っている人の中には、一般の賃貸マンションと同じようにこだわりがある人もいるでしょう。

マンスリーマンションは、オートロック機能や防犯カメラなどセキュリティ面がしっかりしている物件もあり、女性でも安心して利用できます。
ほかにも禁煙の物件や、駅から近い物件など、さまざまな条件の物件が揃っています。

中でも「アットイン」では、さまざまなグレードの物件を掲載しており、自分の希望にあった物件を選べます。
初めて訪れる地域で土地勘がない場合や、すでに希望条件が決まっている場合は、「おまかせ物件リクエスト」で最適な部屋を紹介してもらうことも可能です。

駐車場が完備されている物件や家族向けの物件など幅広い物件が取り揃えてあるため、名古屋周辺でマンスリーマンションを探している人は、ぜひ「アットイン」をチェックしてみてください

まとめ

ここまで、マンスリーマンションとビジネスホテル・賃貸物件の比較をしながら、マンスリーマンションの魅力を紹介しました。

1年未満の長期滞在をする人はビジネスホテルや賃貸マンションを借りるよりも、マンスリーマンションを利用する方がお得です。

さらに、マンスリーマンションは長期利用でお得になるキャンペーンを実施しているところも多くあります。
アットインでは、長期割引だけでなく、急な出張でマンスリーマンションを利用する際の駆け込み割引も行っています。

マンスリーマンションの費用を少しでも抑えたい人は、ぜひアットインを検討してみてください。

人気の記事

    まだデータがありません。